カスタムメイド3D2VR 導入必須のオススメプラグイン4選

今回はカスタムメイド3D2 VR版で使用可能なおすすめプラグイン4選をご紹介します!

前提MOD しばりす

しばりすで追加される「ジョジョ立ち」

まずは、様々なプラグインの前提となる「しばりす」から

従来はプラグインを入れる際、多くの手順を踏む必要があり、PC知識の少ない人にとってはかなりハードルが高かったものをこの「しばりす」を一つ導入するだけで済むという画期的なMOD

前提MODとしての機能以外にも、上の画像のようにポーズの追加などの機能が追加される。

しばりす

操作性を大幅に改善 GripMovePlugin

続いては、公式のやや使いにくい操作を大幅に改善する「GripMovePlugin」のご紹介

UIを掴んで好きな場所に移動する・ハンドコントローラーをマウスのように扱える・男の主観視点に移動できるなどの機能がある。Youtubeにほかの方が解説されている良い動画があったので載せておきます

GripMovePlugin(導入には「しばりす」または「UnityInjector」が必要)

自由につけ外し可能に Direct Pororiプラグイン

メイドの装備品が触れることで、直接つけ外しが可能になるのがこの「Direct Pororiプラグイン」

コントローラーのグリップボタンとトリガーボタンを押し込みながら、特定箇所に触れることでその部分の装備品がついたり、外れたりする

いちいち、UIからつけ外しする必要がなく、没入感をより高めてくれるおすすめのプラグイン。

Direct Pororiプラグイン(導入には「しばりす」または「UnityInjector」が必要)

スムーズな移行が可能に Yotogi Direct Touch Plugin

最後にご紹介するのがこちらの「Yotogi Direct Touch Plugin」

このプラグインは頭にコントローラーで触れると「頭をなでる」コマンドを自動で実行してくれたりと、触れる場所に適したコマンドをUIを介さずに実行してくれるプラグイン。

上記のDirect Pororiプラグインと合わせて導入すると、かなりの部分でUIを表示せずに済むために抜群の没入感を得ることができる。

Yotogi Direct Touch Plugin(導入には「しばりす」または「UnityInjector」が必要)