Oculus Rift・HTC Viveの汚れ対策に!「VR Cover」のご紹介

「VR Cover」とは?

VR CoverはOculus Riftが開発者向けにしかなかった時期に、とあるカップルによって作成された。

機能はというと、例えるならば枕カバーのVR版といえばわかりやすいだろうか。VRHMDと顔の接触面との間に布や革でできたカバーをすることで、VRHMDを綺麗な状態に保つことができる。

そもそもVRHMDは本体そのものが発熱している上に、SoundBoxingなど激しい動きを伴うゲームをプレイすればすぐに蒸れて汗が染みこんでしまい、嫌な臭いの原因になってしまう。自分だけで使用するのなら我慢するのもありかもしれないが、友人などに体験してもらったりする際には気が引けるだろう。

布製のカバーであれば繰り返し洗濯して使用することができ、長い目でみればニンジャマスクよりも安価で済む上、臭いも気にならない。

初期費用はやや高くついてしまうが、購入して後悔することはない。ぜひ使用してみてほしい。

「購入方法」

従来は公式サイトから購入する他なかったが、海外発送のため届くまでに2-4週間かかってしまったり、注文に英語力が必要であったりとハードルが高かった。

しかし、2016/12/18より秋葉原にある「ツクモVR」での取り扱いが開始された。都内に住んでいるのであればここでの購入をオススメする。

価格はHTC Vive・Oculus Rift・Gear VRともに各種2枚入りで通常の布タイプが2,759円。防水仕様のものが3,870円となっている。

ツクモVRでは他にもVR用にカスタマイズされたBTOパソコンの販売やHTC Viveを使って『VRカノジョ』・『The lab』などを体験できるコーナーもある。ぜひ訪れてみてほしい。

ツクモVR